レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。





aws サポートおすすめ
URL:https://cloudpack.jp/service/aws/maintenance.html
aws サポート


レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:13 1 21

通常28日が理想とされる生理周期の中で、
減量に適した時期があるんですよね。

まず、生理初日を一日目として
最初の1週間が「生理期」となります。

この時期は、
新陳代謝も衰え血行も悪く、体質の調子もすぐれず、
むくみが出やすく、体重が増加しやすい時期。

痩せにくい時期でもありますので、
過激な減量は禁物。

いくらがんばっても効果を望めないばかりか、
かえってトラブルになる可能性もあります。

なので、体質を温め、
炭水化物や脂質が不足しないように
注意することが大切です。

次に、生理期が終わると「卵胞期」を迎えます。
生理初日から数えて1週間〜12日前後です。

この時期は、
卵胞ホルモンの分泌が活発になるため、
体質の調子も安定し、女性にとって一番生き生きと輝く時期です。

痩せやすいので、
減量を始めるのにも最適です。

そして、卵胞期が終わると、今度は「排卵前後期」となります。
生理初日から10〜18日前後で、
この時期も心身ともに安定し、減量に適しています。

効率的に痩せることができますので、
食事内容に気をつけながら、積極的に体質を動かしましょう。

ただし、排卵日におりものが増えたり、
体質の調子を崩す人もいますので注意が必要です。

排卵前後期が終わると、
次の生理までの間が「黄体期」と「生理前期」となります。

この時期は、黄体ホルモンの影響で、
体質の調子も悪く、イライラしがち。
精神的にもかなり不安定でデリケートになります。

痩せにくく食べたものが脂肪になりやすい時期なので、
無理な減量はせず、
栄養のバランスを考えた食事をし、
ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスを心がけましょう。