乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。





メール便
URL:http://postmail.co.jp/
メール便の情報


乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:20 7 21

減量というのは非常にシンプルです。
「食生活を適切なものにして、適度な運動をする」ことです。

しかし「言うは易し、行うは難し」で、
なかなか実行するのは難しいんですよね!

友人からお誘いがあれば、飲み会に付き合うことも必要ですし、
何かスケジュールが入れば、連日の運動も難しい…

別に、減量中だからといっても、
連日ストイックな生活が必要だというわけではありません。
時には息抜きも必要でしょうし、
減量第一の生活なんて、味気ないもんです!

しかし、
減量にとって良くないことをすれば反省も必要です。

そこでわたくしは、
「日記」をつけるようにしています。

日記には、自分がその日何を食べ、
運動したなら、
どのような運動をしたかということを書き留めています。

すると、ふとした時に日記を振りかえることができます。
「ああ、この日わたくしはこんなに食べてたんだ」
「ちょっと今週は運動していないなぁ、来週は運動をしよう」

このように日記をつけることで、
未来への改善点や注意しなければならないことが見えてきます。

必ず連日書き留める必要はありません。
気がついたとき、暇を見つけて
メモしておくことでも十分効果はあるはずですよ!

「連日やらなければならない」
という意識が強すぎると、長続きしなくなることがあります。
これは、日記にしても減量にしても同じことです。

あまりにこういった意識が強くなってしまうと、
一度スルーしてしまったときに、ものすごく自己嫌悪に陥ります。
むしろ、長期間続けることこそが
減量にとっては大事なことなんですよね。